FullSizeRender

東京モーターショー2017限定トミカ
No.3 日野レンジャー の紹介です。

2017年10月発売。トミカのレンジャーは、先代のレンジャープロがモデル。日野レンジャーシリーズは2017年4月に16年ぶりとなるフルモデルチェンジ。東京モーターショーという晴れ舞台で限定発売されたこの日野レンジャーは、1世代前のモデルということになります。

FullSizeRender

この代のレンジャーはウィンカーが顔の真ん中にあり、それが特徴的でした。ボディーカラーがオレンジなのであまり特徴が目立たないのが残念です。現行型のレンジャーにはこのウィンカーはないため、もしかしたらボディーをウィンカーに近い色にしたのは日野自動車に対するタカラトミーなりの配慮なのかもしれませんね。

FullSizeRender

バンパーのプラパーツもオレンジがよかったですね。トラック系トミカの大半がこれですが、近年はボディー同色にするなど、目立たない工夫が多かったので少し残念なポイント。

FullSizeRender

キャブの上部に「BEYOND THE MOTOR TMS」のゼッケン...というべきなのか悩みますが、モーターショーオリジナルの証があります。

FullSizeRender
FullSizeRender

箱の文字は左右対称。「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR TMS TOKYO MOTOR SHOW 2017」と書かれています。

箱車のレンジャーはこのモーターショー限定が初なのですが、箱自体は他のトラックトミカ(UDクオンなど)のを流用。

FullSizeRender

テールランプの再現もなく、ここの面にはモーターショー関連の装飾もないので、寂しいさがあります。

FullSizeRender

シャーシ。

FullSizeRender

パッケージ。